間違ったお金の使い方。

新聞のチラシ、ゴシップ新聞、街角に見かけるチラシやDMなどで「借金の合理化手伝います」「債務を一括化したくないですか」といった惹句を読むことが多いです。

そういったものは、「整頓屋」「買取業者」「つなぎ業者」という名の悪徳企業のだまし広告のときがあります。

そのようなものを利用した場合では破産プロセスの中で最重要な免責許諾をもらえないパターンがあります。

「整理屋」は、チラシなどで負債者を引きつけ、サービス料を受け取って負債整頓を行いますが結局は整理は行われず、借金者は債務スパイラルに堕ちてしまうケースが大方と言ってよいでしょう。

「買取業」とは負債者の分割払いで、電気製品、コンサートの利用チケットを多量に購入させて、当人からその品物を購入額の10%や額面半額で引き取るという手口です。

債務者はキャッシュがもらえますが、必ずクレジット会社経由で買ったものの定価の督促が届くことになり、結局のところ負債を上乗せするだけです。

このときはクレジット会社に対して犯罪行為とされてしまい免責を受けられなくなります。

「紹介者」では、金融業者から貸してもらえなくなった債務人について、業者として資金提供は一切せずに、提供をしてくれる他の会社を教えて、すさまじい経費をもらう業者です。

つなぎ業者は自らの手続きで融通してもらったという口調で会話しますが実際は何もしておらずただ単にルールの緩やかなサービスを把握しているというだけです。

この場合でも結局は負債を増やす結果に終わります。
借金を滞納している人に伝えたいこと