恋愛中の秘密

つまり、接待の精神の基本は、大好きな人にどのような方法で気に入ってもらえるかを求めることと非常に似ています。接遇は恋することと変わらないということです。
つまり、接待の精神の土台は、ターゲットの人にいかなるやり方で気に入っていただけるかを探究すること!つまり、奉仕は恋することと変わらないと考えられます。
犬派は感情表現が豊富なパートナーが好みである。情をこめた分だけ自分に向かって応えてくれる、そんなお付き合いのできる自分好みのパートナーがほしいと思い願ってしまう思考が多い。
手に入れたい相手がしょんぼりしている時はそれこそ陥落させたい相手の心を魅了するありがたいチャンス!声の出し方を上手に使い分けろ!高い声でしゃべれば元気を与え、低い声で話していると相対する人に穏やかな安心感を与えることが可能になります。
行きつけのカフェでお茶を楽しんでいるとき、「私たち二人、どんな恋人同士に見えるかな」と恋人に囁いてみよう。こんな彼女の大胆なセリフを使って尋ねられた男性は、かなりあわてることでしょう。
お付き合いしたい女の人が飲み物をのんだら、あなたも飲む。頭をかくのなら、自分も頭をかく。足を組みかえたら、自分もすぐに組みかえる。そんなふうにそっくりに真似を続けると近づきたい相手に親近感がわくものである。
「浮気する度胸もないくせに、ウソつかないでよ」こんなむごい言葉を彼氏にぶつけてしまうと、怒った彼氏は「そんなに言うならするよ!浮気するよ!」と心のうちで決心する。

http://uwakimiyazaki.sblo.jp/